合同会社すきっとハウス

清掃業での現場管理で安全性を高めるにはどうすればいいの?

エントリー

清掃業での現場管理で安全性を高めるにはどうすればいいの?

清掃業での現場管理で安全性を高めるにはどうすればいいの?

2022/01/01

清掃業での現場管理を安全に進めるためにはどうしたら良いのでしょうか。
これから現場管理の仕事をするなら、安全性も気になるところですよね。
清掃業での現場管理で安全性を高めるためにはどうすれば良いかを紹介しますので、ぜひ内容をご確認ください。

清掃業での現場管理で安全性を高めるには

住人退去後の原状回復に掛かる作業や費用を見積もり、必要な手配を行うのが現場管理の仕事です。
業務においては鍵交換などの簡単な修繕作業も行います。
作業の安全性を高めるためには、以下のポイントに注意が必要です。

・整理整頓の実施
・通路や床などの整備
・作業手順の順守

清掃や原状回復作業で怪我を防ぐためには、作業時の姿勢にも注意が必要です。

鍵交換を行う理由

集合住宅で、前の入居者が合い鍵を持ったまま退去する可能性は否定出来ません。
しかし実際には住んでいない人が合い鍵を持っているのは、防犯上好ましくない状態ですよね。
新しい入居者が不安に感じないよう、退去者が出たら鍵を交換しておく必要があります。

まとめ

原状回復作業をスムーズかつ安全に進めていくのが現場管理の仕事です。
これから転職をしたいと考えているのなら、やりがいのある現場管理の仕事に挑戦してみませんか。
埼玉県の「合同会社すきっとハウス」では、集合住宅での現場管理をする新規スタッフを正社員で募集しております。
ベテラン社員の指導により業務知識を得られて安心ですので、転職の予定がありましたらぜひ弊社までお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。