合同会社すきっとハウス

巡回点検の項目について解説

エントリー

巡回点検の項目について解説

巡回点検の項目について解説

2022/11/03

マンションやアパートを維持する上で大切な巡回点検ですが、いくつの項目があるのはご存知ですか?
業者に頼む方もいれば、ご自分で行う方など目視などで行うことがほとんどです。
今回は、巡回点検の項目について紹介していきますので是非参考にしてください。

巡回点検とは

法定点検

マンションの巡回点検では、「法定点検」である法律で定められたものをしなければなりません。
建物やビルなどでも行いますが、火災報知器や水道の点検などは水道法や消防法で定められています。
そういった点検は資格が必要なこともあるので、業者に頼む場合がほとんどです。

任意点検

法定点検の他にも、自主的に行う任意点検というものがあります。
任意といっても、機械を用いる駐車場の場合は死亡事故も発生しているため点検は必要です。
管理組合が自主的に行っているので、ほとんどのマンションなどではしているでしょう。
任意点検では、自動ドアや宅配ボックスなどを点検しています。

巡回点検の項目

外壁・屋根・廊下や階段などの共用部・玄関ドア・エントランス・機械設備・駐車場や駐輪場・ゴミ置き場・塀やフェンスなど・受水槽などを点検します。
他にも、エレベーターの点検や火災報知器、消火器やオートロックなども行う必要があります。
業者によっては、全て行ってくれるところもあるので負担も減るでしょう。

まとめ

巡回点検の項目は多くあり、安心して暮らすために大切な点検になります。
自分で全てを点検するには、心や身体への負担が大きいので、そんな時は業者に頼むのが一番安心できます。
当社では、マンションやアパートなどの共有部の巡回点検を行っていて、経験豊富なスタッフが丁寧に点検や清掃を行っていきます。
どこへ依頼すればよいか迷っている方は、一度ご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。